免責事項

当サイトに掲載されている情報は、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、安全性等について、一切保証するものではありません。投資は自己責任でお願い申し上げます。

Copyright ©2019 LMworks All Rights Reserved.

買うべきではないEA/ツールの見極め

1.ロジックの説明(中身の解説)がない✖

やたらとタイトルに「勝てる」というワードや「利益OO円」

などと煽り文句が多い一方記事をすべて見ても何処にも

肝心な中身の詳細が描かれていないものは絶対に購入すべきではありません。

トレードの世界には偶然勝ててしまうこともあります。

​しかし、中身を理解できないものの場合ドローダウンに陥った時に対処ができない上、少しでも稼げなくなったり損を出すと不安になり精神上もよくありません。

​サインやEAはあくまで「ツール」だという認識を忘れてはいけません。どんなか「形・癖」かもわからないものは道具(ツール)にすらなりません。癖がわからるからこそ変わりゆく相場の中で適切に

​ツールを調整することができるのです。

2.価格が3万を越えるような高額なもの✖

どんなに質のいいEAやサインツールでも3万円以上は出すべきではないと思います。

なぜならそれまでにどんなに良い結果が出ていようともそれが未来永劫続くことはありえないからです。

もしそんな完璧なものがあれば大金持ちの投資家がいくらでもだして購入するでしょう。

しかしそんなうまい話はありません。

​優秀なものでも使用者の腕ありきですので、高額なもは逆にそんな価格で売るような販売者の信頼は低いものだと思います。

3.いい部分しか提示しない✖

必ずどんなものでも負け期(ドローダウン)はありますし、

弱点も少なからずあるものです。

それを購入前に提示していないのは信頼性を大きく低下させます。

購入者はその道具を使用する使用者になるので、

当然ドローダウン期の様子を知っておくべで、受け身を想定したり

それを元に自分に合ったものかを判断します。

​それができないのはトレーダーにとって致命傷になります。

・投資歴​5年

​・使用言語MQL4

・​個人PG

Akiyama

自身最高傑作のEAです。